サーバス掲示板 SERVAS MESSAGE BOARD
[サーバス・トップに戻る] [記事投稿(サーバス会員)] [ワード検索]
  • サーバス会員相互の情報交換の場としてお使い下さい。
      公開されていますので、管理者が記事として不適当と判断する場合は 削除することがありますのでご理解下さい。
  • このページは閲覧だけです。投稿や投稿への返信などは、サーバス会員に限り 上記の「記事投稿」キーから、「ID」と「Password」を使ってお願いします。写真やWORD文書なども投稿できます。
    なお、「ID」と「Password」は、支部長から各会員へ通知されていますので、通知を受けていない会員は、各支部長にお問い合わせ下さい。




  • [91] 日本サーバス50周年記念誌配布のお知らせ 投稿者:青木 投稿日:2012/07/18(Wed) 13:43  
    待望の50周年誌がやっと出来上がりました。これから各支部で会員への配布が始まります。

    50周年誌はA4版の上巻430頁、下巻330頁の大型本上下巻セット、ブックカバーの中に美しく納まった素敵な外観の中に、会員の経験談長短350篇を中心に、エッセイ、論文、主張、感想など興味深い物語の展開が全体に満ち溢れたとても魅力的な出来栄えとなりました。上下巻セットで約3,000円の原価ですが、それに相応しい外観と中味があります。予算の関係で全部を製本できないので、全体の半分200冊は安価(約600円)なCDにして、製本したのは200セットです。その製本1セットを1,000円、CD1枚は500円の価格で会員に配布しますので、本の方が相当割安になりますが、各人のご希望によってそれぞれ選択してください。

    本の執筆者も約250名、過半数を大幅に超える掲載となりました。執筆された方にとって出来上がった本は、大切な思い出となります。是非とも皆さん、製本1セット(又はCD1枚)宛手元において貴重な過去の経験を時々思い出すよすがにして下さい。

    50周年誌は、今後の会員増強に役立てるため、外部の方々にも同じ価格で配布していきます(無料配布ですが日本サーバスへの寄付金として最低1,000円を頂く)。また、新入会員にも入会時、必ず配布する(会員と同じ条件で)ことにしていただければ幸いです。従って、各支部では今回配布の分だけではなく、将来の配布のため余分に支部に備蓄しておいて下さい。

    50周年誌編集部(青木高)

    冊子の概観の写真などは以下のURLをご覧下さい。
    http://www.servas-japan.org/contents/pdf/50-kinensi-haifu-2012-07.pdf


    [90] 近畿支部会報(初夏号)HP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/06/18(Mon) 12:33  
    みなさまへ

    近畿支部会報6月-初夏号がサーバスHPに掲載されましたのお知らせいたします。
    ○会員専用ページ 
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/
    ○一般用閲覧用ページ
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_kinkishibu.html




    [89] 東北及び九州支部会報HP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/06/17(Sun) 20:58  
    皆様へ
    東北支部会報及び九州支部会報の6月号がHPに掲載されましたのでお知らせいたします。

    ○会員専用ページ 
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/
    ○一般用閲覧用ページ
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_tohokushibu.html
        http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_kyushushibu.html



    [88] 国内会議議事録及び資料のHP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/06/11(Mon) 15:39  
    サーバス会員の皆様へ

    第34回 (2012年)日本サーバス国内会議の議事録及びその資料が、サーバス・ホームページの会員専用ページに掲載されましたのでお知らせいたします。
    URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/
    ご覧頂くには従来のIDとパスワードが必要です。支部長さんへご連絡下さい。 



    [87] 近畿支部会報HP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/05/21(Mon) 16:12  
    皆様へ

    近畿支部会報2012年5月春号がサーバスHPに掲載されましたので
    お知らせいたします。
    ○会員専用ページ 
    URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/
    ○一般閲覧用ページ
    URL: http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_kinkishibu.html


    [86] 九州支部会報HP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/05/04(Fri) 22:49  
    皆様へ

    九州支部会報No.148がサーバスHPに掲載されましたのでお知らせいたします。
    ○会員専用ページ 
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/
    ○一般用
    URL: http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_kyushushibu.html



    [85] 本部会報HP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/05/03(Thu) 11:40  
    3月17日、18日に開催された第34回日本サーバス国内会議について、本部会報がHPに掲載されましたのでお知らせします。

    ○会員専用
     内容: 会議の内容、2011年度決算、2012年度予算、活動報告など
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/
    ○一般用
    内容: 会議の内容
     URL: http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_honbu.html



    [84] 近畿支部会報HP掲載のお知らせ 投稿者:中崎(HP担当) 投稿日:2012/04/18(Wed) 21:46  
    皆様へ
    次のような記事が日本サーバスHPに掲載されましたのでお知らせいたします。

    「近畿支部会報日本サーバス創立50周年記念号」
      ○一般閲覧用
      URL: http://www.servas-japan.org/contents/kaiin_kinkishibu.html
      ○会員専用
      URL: http://www.servas-japan.org/contents/members/


    [83] 「石巻と仙台沿岸被災地に行きました」 投稿者:増田(関東支部) 投稿日:2012/04/15(Sun) 12:39  
     昨年の今頃、テレビの前で「一年したら復興した被災地に参ります」と涙ながら心に誓った。それで春休みが終わりに近づいた4月初め、私は一人で東北に旅立った。
     仙台駅から石巻までは高速バス。隣に座った若い女性は女川原発の町の出身。原発こそ無事だったものの、八割の住人が津波で流され、町が崩壊した所である。彼女の勧めで石巻市役所の広報課へ行った。あの日、市役所に近隣住民200〜300人が避難してきて、周囲の水が引くまでの3日間、食料の絶対量が足りず、職員は加湿器の残り水を分けあい、ホチキス止めした新聞紙を頭からかぶって床に寝た、耐えがたかったのは建物全体に染み込んだ排泄物の臭気とそれまで見たこともないサイズのギンバエの大量発生であったとか。
     タクシーで石巻の津波の跡を周った。あの時までは人家密集地であった海と丘の間の細長い平地に残っていたのはコンクリートの小学校と屋根と柱だけの寺と墓石と数本の松。
     帰路出会った女性は「あの時は動転しましたが、次第に『ああ生きていれば変化していくんだ』と思えるようになってきて」と淡々と語った。
     だが、変化が復興へ向かっているのか、被災地では見えない。まるで被災状況をそのまま後世に伝えるために手を加えないでいるかの如し、であった。
     三日目、津村ピース・コーディネイターの案内で仙台沿岸部を周った。津波で広々と見わたせる平野の中に瓦礫の山があちこちにできていた。木の小片類は山に、管など鉄くずは潰されて規格サイズの立法体にされて積み上がっていた。
    「ここら辺に生徒の家があったんです」と元高校教諭の津村さんの口からポツンと出た。
     被災後の避難所でも、生きるか死ぬか、秩序ができるか奪い合いになるか、運命を分けるのは現場でリーダーシップがとれる人材が存在するかどうかだと。
    「名も無い民のレベルでは日本は世界一、だが、国政のリーダーレベルでは最悪、その民のために我われが支配してやろう」というジョークが震災後海外諸国で飛びかったそうである。だが名も無い民のレベルでも、現場のリーダーが存在したことで世界一の民度を誇ることができたのである。
     帰宅後も石巻や仙台沿岸部のいろいろな光景が浮かんでくる。家族・友人を失っても、前向きに凛として生きてゆく気高い方々、おいしい水で炊いたご飯、この悦びが旅の思い出を彩ってくれる。

     サーバス会員のみなさま、サーバスが平和団体であるという名誉を現場にいる津村ピース・コーディネイターと森幸子東北支部長を中心とする方々が支えてくださっています。 
     心より感謝申し上げたいと思います。


    [82] ドイツ記者の見たフクシマと日本の原子力村 投稿者:増田 投稿日:2012/03/25(Sun) 12:41  
    皆さん、サーバス会員必見情報


     日本のマスコミでは知ることができませんが、3.11のフクシマ1周年特集として世界に流れているのはこのようなニュースです。

    ドイツZDFテレビ「フクシマのうそ」の書き起こしとビデオ(30分)をごらんください。

    http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-546.html



    [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
    - LightBoard -